石坂修三(いしざか しゅうぞう)


〈プロフィール〉
9年間のデザイン事務所勤務を経て、1983年に独立し、デザインルーム・アップルを設立。
主に、流通業におけるデザイン制作を手がける。
趣味はボサ・ノーヴァ。

【連絡先】
〒155-0031東京都世田谷区北沢2-10-15 A909
デザインルーム・アップル

TEL 03-3466-6120
FAX 03-3466-6167
(e-mail) anjos968@nn.iij4u.or.jp

*  *  *
商品パッケージのロゴやパンフレットのキャッチコピー、店頭看板、その他各種印刷物、タイトルに筆文字が多く使われています。といっても、それは多くの場合、いわゆる書道の文字とは異なり、デザイン化された筆文字の場合が多いようです。書道と違って、一般の人をターゲットにするわけですから、まず第一に、読みやすさが求められます。だからといってただ、単に筆で書けば(実は世の中にはこれに属する筆文字が圧倒的に多いと思いますが…)いいというものではなく、そこには視認性や構成美、機能美、個性等、何らかのデザイン性が求められるはずです。これらの要素が満たされれば、道具は必ずしも毛筆とは限らず、時には手指も有効な道具となります。運筆も下から上へ、右から左へと自由に描くことに何のこだわりもありません。クライアントの意向を読み取り、さまざまなタッチやスタイルで表現する訳ですから「書」に関しては私自身一定のスタイルを持っていません。

文字としての最終型が問題なのであって、出来上がるまでの過程は問題にならないと考えています。この辺も書道芸術とは趣を異にするところです。更に、最近ではコンピュータの発達により、筆文字を立体的に表現したり、テクスチャーを貼り付けたりと表現の幅がますます広がりつつあります。私はこれからも美しく、読みやすく、機能的にデザインされた文字を追求していきたいと思います。

注)ラベルやパッケージ等で特にコメントしてないものについては、文字だけではなく全体のデザインも私が手掛けたものです。

ご質問、お問い合せ、感想等はメールまたは電話にて承っております。